〜 06.09.02 太陽の塔潜入 〜



れっつらご〜

某サイトのイベントで大阪万博公園へ行ってきました。
ターゲットは『太陽の塔』
一般公開されていない内部へ突入してまいります( ̄Д ̄)ノ





万博記念公園駅

電車を乗り継ぎ、大阪モノレールに乗ってやってまいりました。
いたるところに太陽の塔情報があります。
デフォルメされた塔が妙にらぶり〜(*´▽`人)





駅を出るとすぐそこにヤツが見えます。
目の前に近畿道が走ってるので高速道路を見下ろしてる感じ。
入場券を貰って公園内へ入りまーす。





よぉ来たな( ̄‥ ̄)=3

ででんっとそびえ立つ太郎。
途中から塔の事をずっと『太郎』と呼んでました(笑)
面白い顔してるんだけど、それが妙に可愛い。
なんだか見てて飽きません。





現在の太陽

お腹にある白い顔は『現在』をあらわしてるそうです。
一体ドコを見ているのでしょうか?
それにしても横に広げられた腕はwelcomeなのか通せんぼなのか非常に謎(笑)





未来の太陽

てっぺんの金色太郎は『未来』の太陽。
真ん中にあるのは避雷針らしい。
太陽の塔の全長は65mですが、避雷針を含むと70mになるそうです。





過去の太陽

意外に知られていない裏側『過去』の太陽。
なんだか妙にダークな雰囲気がかもしだされておりますが
この扁平な顔も見慣れてくるとイイ感じです。
顔の部分のタイルは信楽焼きなんだってー





顔の上にある四角。窓ではなく万博当時の資材搬入口だったそうです。
展示物が大きくて、下の入り口からは搬入出来なかったらしい。
右側の丸の中は暗くて解りにくいんだけど、空中展示場への入り口があったトコ。
腕の中を歩いてみたかったなぁ。。。





潜入開始!!

さて、いよいよ体内へ潜入です。
左のようなタグを貰って首から下げて入り口へ。
塔の下に右のような小さな入り口があるのです。残念ながら塔内は撮影禁止(。´Д⊂)
36年分の埃が溜まった内部は少しカビ臭かったけど『生命の樹』に圧巻されました。
ちなみにこの参加者証は記念として頂けました(*´▽`人)





首が痛いのよ

先ほどの入り口から見上げた太郎の顔です。
塔内はダメだけどココで撮るのはOKなんだって。
けど距離が近すぎてアングルが難しい〜〜〜〜
ここからしか見られない表情。とんがったおちょぼ口が可愛い♪





ソラード

体内潜入も終わり、せっかくなので園内を散策。
森の空中観察路『ソラード』へ行ってきました。
木と同じ位の高さに作られた観察道。
葉っぱがワサワサでマイナスイオンたっぷりでしたよん(*´▽`人)
ちなみにソラードとは「空の道(ロード)」をもじった名称らしい(* ̄m ̄)プッ





展望タワーからの見晴らし。
なんか時折足元がグラつくのが微妙に怖いんだけど眺めは絶景♪
猫背の太郎が愛らしいです(*´艸`)





おみやげ

太郎のミニチュアとピンバッチ買って来ました。
このミニチュア結構リアルな仕上がり(゚ロ゚屮)屮
今度行った時は中くらいの大きさのを買って帰るのだ〜
そして包装紙のデフォルメされた太郎のイラストがこれまた素晴らしい(≧m≦)ぷっ!





オマケ

万博開催当時の写真です。
地下入り口に常設展示されてました。
36年前の設備とは思えないほど凄いです。リアルで見たかったなぁ。。。





また来いよっ( ̄Д ̄)ノ

内部の写真が撮れなかったので太郎まみれですが面白かったです。
万博公園めちゃ広いので1日ではとても周りきれないよ(;´Д`A ```
塔の内部はまた機会があれば入ってみたいし、皆様にもゼヒともオススメです(*´▽`人)






〈TOP〉 〈BLOG〉 〈BBS〉 〈CHAT〉 〈EGG〉 〈LINK〉 〈PROF〉 〈PHOTO TOP〉


広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー